FXでの「ファンダメンタル分析」の重要性

byuy
FXでは通貨を銘柄にして取引きを行っています。FXで使われる通貨は、FX取引業者の取り扱いによって違いはありますが、十数か国以上の国や地域のものが扱われています。

ご存じのとおり、通貨にはそれを発行している国や地域が存在しています。そして、FXで最も注目すべきこの通貨の価値は、それぞれの国などの経済状況や政治動向などと密接に関係があるのです。

簡単に言えば、通貨を発行している国などが経済的に潤っていて、政治状態も安定しており、他の国々と友好的な関係を保っているのであれば、その通貨は安定して信頼度も増し、世界中の投資家がその安定性と信頼度を求めて買う形になります。通貨が買われればその価値は上がっていきます。
逆に、経済状態が困窮していて、政治状態も不安定で、他の国々とも敵対的な関係であるのであれば、その通貨は安定状態が悪く信頼も低くなるため、投資家たちからも嫌われる田ために、その価値は下がっていくのです。

このように、通貨の価値はその国の状況、周辺各国との関連性、付け加えるならば、近隣地域の治安や大規模な自然災害、それを見ながら売買をする投資家たちの思惑などにも影響を受けて、秒単位で変動を繰り返しています。

ですので、FXで為替相場の値動きを的確にとらえていくためには、こうした情報を入手して包括的に多角的に分析をしていく必要があり、こうした手法の事を「ファンダメンタル分析」と呼んでいます。


ファンダメンタル分析は、外国為替市場の全体の動きに関わるような範囲を見て、長期的な相場の変動を見ていきますので、FXでよく行われている短期的な投資取引には、あまり関係がないと思われがちです。
しかし、こうした大きな為替相場の動きを受けて、為替レートの細かな変動は起きているために、例えば売り相場なのか、買い相場なのかの判断が付かないような場面で、他の投資家の心理を読むためにも使えます。
また、アメリカなどの大国の経済指標の発表前後などは、相場自体が大きく乱れたりもしますので、こうした事も包括的に知ることができるファンダメンタル分析は、必ず押さえていた方が良いでしょう。

ファンダメンタル分析では色々な情報が必要になります。
例えば、国や地域から定期的に発表される経済指標は、GDPや失業率など国の安定性や経済的な内情が分かります。

このほかにも、中央銀行の総裁やそれに値する経済の要人の発言や談話、政府の経済政策の発表なども、通貨の価格を大きく動かしますし、先にもあげたテロや戦争、巨大な自然災害なども為替相場に大きな影響をあたます。

このような情報を的確に、かつ鮮度のあるうちに入手することが必要で、経済新聞や経済ニュースなどは手軽ですし、例えばジェトロ(日本貿易振興機構) のウェブページでは、各国の情報がてにいれられますし、FX取引業者でもこうした情報を取りまとめて、定期的に配信をしてくれるサービスを提供している所もありますので、まずは今すぐチェックをしてみてはいかがでしょうか。


取り扱い通貨


FXで扱っている通貨は株の銘柄に比べてみて種類が少なく、分析や研究にかける時間が短時間で済むといったことになり、世界中で24時間大量取引されていて値動きが素直で把握しやすくなっています。

そしてニュースで流れているような世界経済の情報とチャートを少し分析して見ると為替のだいたいのながれがわかりますから、その流れに乗っていけば利益が得られるといったことは比較的に簡単なのです。そして、大事な情報として円高や円安のニュースが毎日流れています。