仲値の意味と「仲値決済」

hiuyeデレートは1日の間にも刻々と変化しています。FXの場合はそういったリアルタイムの値動きを読みながら売買を行いますが、リアルタイムに変動するレートでは決済が難しい場合には、銀行が適用する「その日のレート」=「仲値」を使って決済します。これを仲値決済と呼びます。

仲値決済を採用するケース

輸出入を行っている会社、銀行を介して行う個人の取引、証券の決済などの場合、仲値決済が適用されます。

取引には2つの市場がある

外国為替市場にはインターバンク市場と対顧客市場のふたつの取引があります。

透明性の高いインターバンク市場

FX業者が数多く採用しているのがインターバンク市場です。間にブローカーを介さず注文同士をマッチングさせるので透明性が高いのが特徴。カバー先として銀行を加えることで、流動性も確保しています。

金融機関が介入する対顧客市場

銀行を介して取引を行う市場です。銀行が定めた仲値をもとに決済が行なわれますが、実際は仲値に手数料がプラスされた価格で顧客は取引を行うことになります。

ex:対顧客市場で100万円の売り取引をする

銀行の設定している手数料が1円だとすると、買う時にレート+1円、売る時にレート−1円となり、全部で手数料は2円、1ドル100円の仲値決済を買いと売りで行ったとすると、2万円が手数料としてとられます。

手数料については銀行ごとに違います。対顧客市場での取引が必要な時は、十分に確認しないと、取引するたびに損失が生まれてしまう可能性があります。FXでは売値と買値の差額が業者側の手数料となっており、先ほど説明したようにインターバンク市場を採用している業者がほとんどなので、リアルタイムに変動するレートで取引が可能です。そのようなものがないのがバイナリーオプション海外ですが、FXは仲値については外貨が不足しているか余りが出ているかによって、「仲値不足」「仲値余剰」が起こりますが、基本的には仲値不足なことが多いです。




取り扱い通貨


FXで扱っている通貨は株の銘柄に比べてみて種類が少なく、分析や研究にかける時間が短時間で済むといったことになり、世界中で24時間大量取引されていて値動きが素直で把握しやすくなっています。

そしてニュースで流れているような世界経済の情報とチャートを少し分析して見ると為替のだいたいのながれがわかりますから、その流れに乗っていけば利益が得られるといったことは比較的に簡単なのです。そして、大事な情報として円高や円安のニュースが毎日流れています。